これが、ParklandのシューティングゲームNikolas Cruzの死刑判決が1年後に出るところです

提供: Zee.Wiki (JA)
移動先: 案内検索

これが、ParklandのシューティングゲームNikolas Cruzの死刑判決が1年後に出るところです[編集]

  • ニコラスクルーズがフロリダの彼の元高校で17人を殺害し、17人を負傷させた翌年、問題は彼が有罪かどうかではない - 彼はビデオで告白した。 彼は生きているのか死ぬのか?
  • 彼の防衛チームは、仮釈放の可能性なしに刑務所内での生涯と引き換えに有罪の申し立てを申し出ました - 検察官が死刑を免れた場合に限ります。 検察官はその嘆願を棄却した。つまり、長い裁判は避けられない。
  • 事件が裁判にかけられるならば、Cruzは法廷で彼らの犠牲者に直面した大量射撃者の短いリストに加わるでしょう。 最近のアメリカの歴史の中で10人の最も致命的な射撃のうち、Cruzは生きて捕らえられた唯一の人です。
  • これが彼の場合の最新情報です:

裁判はまだ始まっていません[編集]

  • その事件は、「裁判前発見」段階として説明されているものにある、とその事務所がCruzを代表しているBroward Public DefenderのHoward Finkelsteinは言います。 彼は、その事件は裁判からは遠い道のりであると言います。

何人かの証人が声明を出しています[編集]

  • この段階で、Cruzの弁護士は宣誓の下で口頭での声明を出すために何十人もの証人を配置しています。
  • フロリダ州の刑事防衛弁護士、事件に関与していないRichard Hornsbyは、このようなセッションは密室で行われ、弁護士、裁判所の記者、および被害者の擁護者のみが参加しています。 寄託は検察官と弁護人によって直接行われ、被告は立ち会うことを許されない、と彼は付け加えた。
  • 「犠牲者/告発者が追放されるのは一般的なことです。しかし、戦略的な観点から、この場合、弁護人が被爆者を追放することは想像できませんでした」とホーンズビー氏は言います。
  • 裁判所のウェブサイトのBroward County Clerkは、大部分の法執行機関の証人のための寄託通知をリストします。

それは長くて困難なプロセスの始まりです[編集]

  • 死刑事件は裁判に行くのに数年かかることがあります。
  • プロセス自体には3つの段階があります。 発見が行われる現在の裁判前の段階。 裁判が行われる罪悪感の段階。 そして有罪判決を受けた場合、陪審員が死刑を科すかどうかを決定するペナルティフェイズ、ホーンズビー氏は述べています。
  • 死刑事件の範囲は非常に驚異的であり、事件が審理されるには少なくとも2年かかる可能性があると彼は言う。 このプロセスには、法廷での撮影の詳細をグラフィックで細かく調べることが含まれます。 銃声、剖検、殺人者の言葉など、細部が小さすぎることはありません。
  • 「しかし、昨年秋に裁判官がこの訴訟を強く推進し、Marsy's Lawが可決されたため、この秋に裁判が最初の裁判にかけられても私は驚かないでしょう」とHornsbyは述べています。
  • Marsy's Lawは、起訴の問題で発言権を持つ権利を彼らに与えることを含む、犯罪被害者の権利を拡大した。

検察官はこれまでのところ、訴訟を拒否している[編集]

  • ブロワード州検察官は、ここ数カ月間あまり明らかにしていません。 しかし過去に、彼らは終身刑と引き換えに有罪の申し立てを弁護側が申し出ることを拒否し、長い裁判に道を開いた。
  • 検察はこの記事に対するCNNのコメント要請に応じなかったが、ブロワード郡の検察官、マイケルサッツ氏は以前、これは「死刑が意図された事件の種類だ」と述べた。 副州務長官Shari Tateは、フロリダが「17人の殺害のために彼自身の罰を選択すること」を許可しないと言いました。

防御は裁判を望まない[編集]

  • Cruzの防衛チームは、死刑裁判を楽しみにしていないことを明らかにしました。
  • だからこそ、フィンケルシュタインは仮釈放せずに34の終身刑と引き換えに、彼の依頼人の有罪判決を申し出るのです。 それは死刑審判を食い物にして、証言の間に犠牲者が悪夢を頼むことから逃れるためである、と彼は言います。
  • 上訴がある場合、それは彼が言う広範囲にわたる法的手続きを終わらせるでしょう。 場合によっては、死刑判決の後に生存者が再び殺人者に立ち向かうために法廷に戻るという長い抗議が続く。
  • 「34の連続した終身刑の嘆願は、上記のことだけで直ちに終結するのではなく、上訴がないことを意味する」とFinkelsteinは言う。 「われわれは、34の連続した終身刑にまだ有罪を認める用意がある」

一部の生存者は矛盾しています[編集]

  • 一部のMarjory Stoneman Douglasの学生は、死刑判決の可能性について矛盾しています。
  • 学生リーダーのEmma Gonzalezは、Cruzの潜在的な死刑裁判は「良い」ものだと説明しています。 もう一人の学生、キャメロンキャスキーは、彼が代わりに刑務所で「永遠に腐敗する」ことを望んでいると言いました。
  • その娘、Meadowが殺された人々のうちの1人であったAndrew Pollackは、彼がいかなる死刑審理の公聴会にも出席する予定はないと述べた。
  • 「残酷になるような長い試練を経るつもりはない。私は彼が独房に座り、残りの人生のために腐敗することを望んでいる」とPollackは言う。

審査員でさえも課題に直面しています[編集]

  • Parklandの撮影のような注目を集めるケースでは、関係するすべての人にとって課題が不足することはありません。 Hornsbyによると、陪審員を見つけることでさえも試練になるでしょう。
  • 「州は死刑を求めているので、死刑に反対する陪審員は自動的に殴打される。つまり、選択された陪審員団は、最初の証人が呼ばれる前に死刑を実行可能な判決の選択肢と見なす傾向がある。 「彼は言います。
  • Hornsby氏によると、裁判は別の会場に移される可能性があるため、陪審員の選出には数週間かかる可能性があるという。
  • 「あなたは、彼らがパークランドの殺人について知っていることを考えれば、彼らが公正かつ公平に被告人になることができると言う人々を見つけなければならないでしょう」と彼は言います。 "がんばろう。"
  • フロリダの死刑法は陪審員の全会一致の決定を要求している。 12人の陪審員のうちの1人が異議を唱えた場合、被告は仮釈放なしに終身刑を宣告されなければならない。

ディスカッション[編集]

リンク元[編集]

参考文献[編集]