グラミー賞受賞者2019:これは誰が勝ったかの完全なリストです。

提供: Zee.Wiki (JA)
移動先: 案内検索

グラミー賞受賞者2019:これは誰が勝ったかの完全なリストです。[編集]

初めてのGrammysホストAlicia Keys、センターは2月10日日曜日の彼女の開会のコメントの間に何人かの特別な会社に加わりました。
  • 音楽の最大の名前は第61回年次グラミー賞のために日曜日の夜に一緒に来ました。
  • 以下は、テレビ放映カテゴリーの候補者と受賞者のリストです。
  • 一晩中更新を確認してください。

ベストR&Bアルバム[編集]

  • "セックス&タバコ、" Toni Braxton
  • "良いこと、"レオンブリッジ
  • 「正直なところ、」Lalah Hathaway
  • 「彼女」彼女
  • "Gumbo Unplugged(Live)"、PJモートン

最高のカントリーアルバム[編集]

  • "哀れなほど、"ケルシーバレリーニ
  • "ポートセントジョー、"ブラザーズオズボーン
  • "どこにも行かない少女"、Ashley McBryde
  • "ゴールデンアワー"、Kacey Musgraves
  • "第2巻、"クリスステープルトン

今年のアルバム[編集]

  • 「プライバシーの侵害」Cardi B
  • "ところで、私はあなたを許す、" Brandi Carlile
  • 「サソリ」ドレイク
  • 「HER」、HER
  • "Beerbongs&Bentleys、"ポストマローン
  • 「ダーティーコンピューター」Janelle Monae
  • "ゴールデンアワー"、Kacey Musgraves
  • "ブラックパンサー:アルバム、" Kendrick Lamarをフィーチャー

今年の記録[編集]

  • "私はそれが好きです"、Cardi B、Bad Bunny、J Balvin
  • "ジョーク、" Brandi Carlile
  • 「これはアメリカだ」幼稚なガンビーノ
  • 「神の計画」ドレイク
  • "浅い、"レディー・ガガとブラッドリー・クーパー
  • "All The Stars"、Kendrick LamarとSZA
  • "ロックスター、"ポストマローン偉業。 21サベージ
  • 「ミドル」、Zedd、Maren Morris、そしてGrey

今年の歌[編集]

  • "オール・スターズ"、ケンドリック・ダックワース、マーク・スピアーズ、アル・シャックバラ、アンソニー・ティフィスとソラナ・ロウ
  • "Boo'd Up"、Larrance Dopson、Joelle James、Ella Mai、そしてDijon McFarlane
  • 「神の計画」、オーブリー・グラハム、デイヴォン・ジャクソン、ブロック・コルサン、ロン・ラトゥール、マシュー・サミュエルズ、そしてノア・シェビブ。
  • "In My Blood"、テディ・ガイガー、スコット・ハリス、ショーン・メンデス、ジェフリー・ウォーバートン
  • "The Joke"、Brandi Carlile、Dave Cobb、Phil Hanseroth、Tim Hanseroth
  • 「ミドル」サラ・アロンズ、ジョーダン・K・ジョンソン、ステファン・ジョンソン、マーカス・ロマックス、カイル・トレアータ、マイケル・トレアサ、アントン・ザスラフスキー
  • "浅い"、レディー・ガガ、マーク・ロンソン、アンソニー・ロッサマンドとアンドリュー・ワイアット
  • 「これはアメリカだ」ドナルド・グラバーとルートヴィヒ・ヨーランソン

最高の新人アーティスト[編集]

  • クロエXハレ
  • ルークコムズ
  • グレタヴァンフリート
  • HER
  • ドゥア・リパ
  • マーゴ価格
  • ベベレクシャ
  • ジョルヤ・スミス

最高のポップソロパフォーマンス[編集]

  • 「色」ベック
  • "ハバナ(ライブ)"、Camila Cabello
  • 「神は女だ」アリアナグランデ
  • "Joanne(どこに行くのだと思いますか?)" Lady Gaga * WINNER
  • "今より良い、"ポストマローン

ベストポップボーカルアルバム[編集]

  • "カミラ、"カミラカベッロ
  • 「人生の意味」ケリー・クラークソン
  • 「甘味料」アリアナグランデ
  • 「ショーン・メンデス」ショーン・メンデス
  • 「美しいトラウマ」P!nk
  • 「評判」テイラー・スウィフト

最高のポップデュオ/グループパフォーマンス[編集]

  • "Fall in Line"、Demi LovatoをフィーチャーしたChristina Aguilera
  • 「私の心を壊してはいけない」バックストリート・ボーイズ
  • 「素晴らしいね」トニー・ベネット&ダイアナ・クラル
  • "浅い、"レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー*勝者
  • "Girls Like You"、Maroon 5のCardi Bがフィーチャー
  • "Say Something"、Chris StapletonをフィーチャーしたJustin Timberlake
  • "ミドル、" Zedd、Maren Morris&Grey

最高のラップアルバム[編集]

  • 「プライバシーの侵害」Cardi B
  • 「水泳」、Mac Miller
  • "ビクトリーラップ"、Nipsey Hussle
  • "デイトナ、"プシャT
  • "アストロワールド、"トラヴィススコット

最高のラップソング[編集]

  • "God's Plan"、Aubrey Graham、Daveon Jackson、Brock Korsan、Ron LaTour、Matthew Samuels、Noah Shebib、ソングライター(Drake)
  • "キングスデッド、"ケンドリックダックワース、サミュエルグローデ、ジェームズリザーランド、マークスピアーズ、トラヴィスウォルトン、ネイバディウスウィルバーン&マイケルウィリアムズII、ソングライター(ケンドリックラマー、ジェイロック、フューチャー&ジェームズブレイク)
  • "ラッキーユー"、R.フレーザー、G。ルーカス、M。マザーズ、M。サミュエルズ、J。スウィート、作詞家(Eminem Featuring Joyner Lucas)
  • "Sickoモード"、ハリフ・ブラウン、RogétChahayed、BryTavious Chambers、Mike Dean、Mirsad Dervic、Tim Gomringer、Aubrey Graham、John Edward Hawkins、Chauncey Hollis、Jacques Webster、Ozan Yildirim&Cydel Young、Scottwritersドレイク、ビッグホーク&スワエリー)
  • "Win"、K。Duckworth、A。Hernandez、J。McKinzie、M。Samuels、C。Thompson、ソングライター(Jay Rock)

最高のカントリーソング[編集]

  • 「最後まで解散」ジェシー・ジョディロン、チェイス・マギル、ジョン・ナイト、ソングライター(Cole Swindell)
  • "Dear Hate"、Tom Douglas、David Hodges、Maren Morris、ソングライター(Maren Morris Featuring Vince Gill)
  • "I Lived It"、Rhett Akins、Ross Copperman、Ashley Gorley、Ben Hayslip、ソングライター(Blake Shelton)
  • "Space Cowboy"、ルーク・レアード、シェーン・マカナリー&Kacey Musgraves、ソングライター(Kacey Musgraves)
  • "テキーラ、"ニコルガリオン、ジョーダンレイノルズ&ダンスマイアーズ、ソングライター(ダン+シェイ)
  • 「誰かがあなたを愛するのをやめたとき」、ヒラリー・リンジー、チェイス・マギル、ロリ・マッケーナ、ソングライター(リトル・ビッグタウン)

最高のロックアルバム[編集]

  • "ブラックスモークライジング"、ジェイコブトーマスキスカ、ジョシュアマイケルキスカ、サミュエルフランシスキスカ&ダニエルロバートワグナー、ソングライター(Greta Van Fleet)
  • "ジャンプスーツ、"タイラージョセフ、ソングライター(21パイロット)
  • "マントラ、"ジョーダンフィッシュ、マシューキーン、リーマリア、マシューニコルズ&オリバーサイクス、ソングライター(Bring Me The Horizon)
  • "Masseduction、"ジャックアントニオフ&アニークラーク、ソングライター(セントビンセント)
  • "ラット、"トムDalgety&グール作家、ソングライター(ゴースト)

最高のR&Bパフォーマンス[編集]

  • "私が住んでいる限り、" Toni Braxton
  • "夏、"カーターズ
  • "あなた、" Lalah Hathaway
  • "Best Part、"ダニエルシーザーをフィーチャーしたHER
  • 「最初に始めた」PJモートン

ディスカッション[編集]

リンク元[編集]

参考文献[編集]