ソニーは、プレイステーションクラシックでレトロコンソールの熱狂に乗る

提供: Zee.Wiki (JA)
移動先: 案内検索

ソニーは、プレイステーションクラシックでレトロコンソールの熱狂に乗る[編集]

Sony gets in on the retro console craze with PlayStation Classic 1.jpg

プレイステーションクラシック:ソニーはレトロコンソールの流行に乗っている[編集]

  • ソニーのアイボロボット犬が帰ってきた

それは元のPlayStationのゲームです。[編集]

  • ソニーは、12月3日にプレイステーション・クラシックと呼ばれる象徴的なゲーム・コンソールの改造されたモデルをリリースする予定だという。
  • 同社は、ゲームシステムは99.99ドルで販売されるとしている。
  • 新バージョンは、「ファイナルファンタジーVII」「鉄拳3」「ワイルドアームズ」など、20種類のゲームが収録されているため、元のCDよりも45%小さくCDに収められています。 ゲームの完全なリストは、リリースによると、より多くの "ファンのお気に入り"を含む、すぐに発表されます。
  • コンソールは、2つのレプリカコントローラと元のバージョンと比較してわずかに強化されたグラフィックスを備えたクラシックなパッケージで出荷されます。
  • オリジナルのバージョンが発売されてから約25年が経過しています。 PlayStationは、世界で1億台を販売した最初のコンソールとなり、1990年代に一度支配的なSegaブランドを廃止するのを手助けしたSonyの勝者であることが証明されました。
  • 古典では、ソニーは任天堂の演劇のページを取っている。 2016年、同社は1980年代に発売されたオリジナルのNintendo Entertainment SystemのスリムなバージョンであるNES Classicをリリースすることで、レトロな熱狂を遂げました。 同社はわずか5ヶ月で200万台以上のレトロデバイスを販売しました。
  • Nintendoは2017年にSuper Nintendo Classic Editionと呼ばれる別のバージョンをリリースしました。これは世界中で400万台以上を販売し、任天堂が利益を上げるのを助けました。

ディスカッション[編集]

リンク元[編集]

参考文献[編集]