ソフトバンクとトヨタ、運転手のない車に世界を変えたい

提供: Zee.Wiki (JA)
移動先: 案内検索

ソフトバンクとトヨタ、運転手のない車に世界を変えたい[編集]

  • 「狂った」ハイテク大衆と会う孫正義

ソフトバンクとトヨタは、自律車両やその他の技術を通じて交通の世界を変えたいと考えています。[編集]

  • 日本の有名企業は、モネルと呼ばれる合弁会社を設立し、モバイル・コンビニエンスストアや、途中で食べ物を用意する配送車など、ドライバーレス・カー技術を使って新しいサービスを提供するビジネスを開発しています。
  • ソフトバンクはモネの半分以上を所有し、トヨタは残りを保有する。
  • 新会社の名前は有名な抽象フランス画家、クロード・モネの言葉ではなく、むしろ「モビリティ・ネットワーク」という言葉の短縮版です。
  • トヨタ自動車の豊田昭夫社長とソフトバンクの孫正義(ソン・マサヨシ)最高経営責任者(CEO)は、このほど東京で開かれたこのプロジェクトの発表に出席した。
ソフトバンクのCEO、孫正義、トヨタ豊田昭夫氏が木曜日に東京で開催されました。
  • この取引は、ソフトバンクが自動運転に最近賭けたものだ。
  • 同社は、ハイテクに重点を置いた投資拠点であるビジョンファンド1000億ドルが、今年初めにゼネラルモーターズの自家用車ユニットGMクルーズに23億ドルを拠出した。 水曜日、ホンダはGMクルーズに約30億ドルを投資すると述べた。
  • 多くの他の大手自動車メーカーと同じように、トヨタはドライバーレスの車にリソースを投入しています。
  • 同社は3月に自家用車の研究開発に専念する新会社を設立し、商業的に実行可能な自律型自動車の開発に28億ドルを投資する計画を立てた。
  • ドライバーレス自動車は、自動車業界に大きな混乱を引き起こす可能性があり、トヨタとソフトバンクの両方が投資した乗り放題事業を変革する可能性もあります。
  • 両社は、Uber、中国のDidi Chuxing、シンガポールのGrabをはじめとする世界最大の乗り物の新興企業に投資したり、提携したりしています。

ディスカッション[編集]

リンク元[編集]

参考文献[編集]