ホワイトハウス顧問は、操業停止が長引けば経済成長はゼロになる可能性があると語る

提供: Zee.Wiki (JA)
移動先: 案内検索

ホワイトハウス顧問は、操業停止が長引けば経済成長はゼロになる可能性があると語る[編集]

White House adviser says there could be 'zero growth' if shutdown lingers 1.jpg
  • ドナルド・トランプ大統領への最高の経済顧問は水曜日にCNNに言った、連邦政府の閉鎖がずっと長く続くならば米国経済は最初の四半期に成長を見せないかもしれないと。
  • ホワイトハウス経済顧問評議会議長のKevin Hassettは、CNNのPoppy Harlowとのインタビューで、彼が政府の閉鎖の長期的な影響について過度に心配していなかったと述べました。 しかし、ハーローが今四半期、米国がGDP成長率ゼロで成長できるかどうかを尋ねたところ、それは可能だと認めた。 「はい、できました」と彼は言った。
  • ハッセット氏は、閉鎖期間中に彼と彼の職員に給料は支払われていないと述べ、一部の政府職員は賃金の喪失を補うために他の仕事を引き受けなければならないと述べた。 彼は彼のスタッフの1人が今Uberのために運転していると言った。
  • しかしハセット氏は、政府が再開したときに経済は回復するだろうと主張した - そしてそれはGDPに対するあらゆる打撃が最終的に回復されることを意味するだろう。
  • 彼は、多くの経済学者が来年までに景気後退を予測しているにもかかわらず、2020年に米国が不況に陥る可能性は「ゼロに近い」と考えていると付け加えた。 ハセット氏は、経済の健全な兆候として、引き続き堅調な雇用の増加を示した。

ディスカッション[編集]

リンク元[編集]

参考文献[編集]