全豪オープンの勝利の後、大阪ナオミ監督がSascha Bajin監督と交代

提供: Zee.Wiki (JA)
移動先: 案内検索

全豪オープンの勝利の後、大阪ナオミ監督がSascha Bajin監督と交代[編集]

大阪はバジンとインディアンウェルズで勝利を祝うのを描きました
  • 大阪直美は、1年ぶりの成功を収めています。世界第72位からランキングトップへと昇格し、1対のグランドスラムタイトルを獲得しました。
  • 日本のスターの急上昇は、少なくとも表面的には、きちんとした作業順序での選手とコーチの関係を示唆するだろう。
  • それでもメルボルンでペトラ・クビトワ氏に対して全豪オープンの栄光を獲得してから16日後、21歳の彼女のコーチのSascha Bajinは衝撃的な分裂を発表した。 ペアからの短いつぶやき以外の詳細はほとんど発表されていない。
  • 大阪は単に「みんな、サシャと一緒に仕事をすることはもうありません。彼の仕事に感謝し、今後とも最高の願いを込めて」とツイートしました。
  • 皆さん、こんにちは。私はもはやSaschaと一緒に仕事をすることはありません。 私は彼の仕事に感謝し、今後とも最高の祈りを捧げます。
  • Bajinは、「ナオミありがとう。最高のもの以外に何も望んでいません。これに参加してくれてありがとう」と言って、同様のスタイルで答えました。
  • この決断は、バジンが大阪とのパートナーシップを長期的に継続したいという願望について語ったわずか数ヶ月後に起こります。
  • WTAの公式ウェブサイトでの8月のインタビューで、彼は言った:「私は長寿を信じています、そしてあなたがより長い期間誰かと仕事をするならあなたはより効率的に仕事をすることができます。」
  • その他のニュース、機能、ビデオについては、CNN.com / Sportをご覧ください。
直美大阪はたった17日前に全豪オープンを獲得しました。

WTAコーチオブザイヤー[編集]

  • 以前はSerena WilliamsとCaroline Wozniackiの両方の打撃パートナーとして働いていたBajinは、2018年末に就任のWTAコーチオブザイヤーとして選出されました。
  • この賞は、大阪が全米オープンで乙女のメジャータイトルを獲得したこと、およびインディアンウェルズオープンで最初のWTAプレミアマンデイタリー賞を獲得したことを認めた12ヶ月間の報酬でした。
  • Flushing Meadowsでの彼女の勝利は論争の余地がないわけではなかったが、ウィリアムズは、大阪の乙女のグランドスラムタイトルを覆い隠した審判員のCarlos Ramosと激怒した。
  • 全米オープンでの大阪のランニングの間、彼女は彼女のゲームを改善した知覚された落ち着きのために彼女のドイツ人コーチを賞賛しました。
  • 「彼は毎日を本当に楽しくてエキサイティングにしようとしている」と彼女は記者会見で言った。 「私のような人にとって、そのようなことは時々物事が退屈だと思います、それは私にとって良いことです。
  • 「私は自分自身と多くの戦いをしているので、彼はある種のものであり、平和構築者のような存在です」
  • 読む:「白塗り」のテニススター、大阪なおみ
  • 彼のWTAインタビューの中で、Bajinは大阪への彼の称賛と彼女のための彼の支援としての彼の役割に等しく憤慨していました。
  • 「彼女は完璧主義者なので、自分で降りることができず、自分には難しすぎる」と彼は説明した。
  • 「それで私は対照的にならなければならない。もし彼女があまりにも否定的であまりにも下ろしければ私はそれでいいと言っておかなければならない。世界は丸く、芝生は緑だ、すべては大丈夫だ。彼女は自分のことをしている、彼女はすごいことをしている」
  • Bajinは、Grand Slamの勝者Martina Hingis、Ana Ivanovic、Samantha Stosurとも仕事をしていたオーストラリア人David Taylorとのスプリットを選択した後、大阪のコーチとして到着した。
  • このニュースは、現在の4人の女子グランドスラムチャンピオン全員が昨年内にコーチと別れたことを意味しています。

ディスカッション[編集]

リンク元[編集]

参考文献[編集]