1月に雇用が急増

提供: Zee.Wiki (JA)
移動先: 案内検索

1月に雇用が急増[編集]

Census citizenship question trial can proceed, Supreme Court saysPolitics 3.jpg
  • 米国経済は1月に304, 000人の雇用を追加しました。これは雇用主が新しい労働者を引き込み続けるため、驚くほど強い雇用の月です。
  • 失業率は4%までわずかに上昇した。
  • 1月は、100年連続の雇用増加でした。 政府は、雇用や賃金に政府の閉鎖から「目に見える影響はない」と述べたが、失業率の上昇に寄与した。

ディスカッション[編集]

リンク元[編集]

参考文献[編集]