Ikee Rikako:白血病と診断された日本の水泳星

提供: Zee.Wiki (JA)
移動先: 案内検索

Ikee Rikako:白血病と診断された日本の水泳星[編集]

日本
  • 日本で最も才能のある水泳選手の一人であり、2020年の東京オリンピックで複数のメダルを獲得する候補者である池梨理子は、白血病と診断されています。
  • 先月の日本スイマーオブザイヤーと名付けられた18歳の子供は、昨年のアジア大会で6個の金メダルを獲得し、彼女の故郷のオリンピックでは名誉に挑戦することが期待されていました。
  • 「私は病気を感じており、緊急にオーストラリアから帰国し、検査を受け、診断は白血病でした」とIkeeはTwitterに書いています。
  • 「私はそれを信じることができない、それは紛らわしい状況です。しかし、治療によってこれは治癒することができる病気です。」
  • 50メートルフリースタイル、50メートルバタフライ、100メートルバタフライの世界ジュニアチャンピオンであるイキーは、7月に韓国の光州で開催されるシニア水泳世界選手権に出場する機会を逃すでしょう。
アジア大会で50mのフリースタイルを獲得した後、日本のリカコ・アイキーは祝います。
  • 昨年、世界最速の100メートルバタフライと2番目に速い50メートルバタフライを泳いだ10代の若者は、彼女は今、彼女の回復に焦点を当てると言います。
  • 「私はしばらく時間を割いて治療に集中するつもりです、そしてできるだけ早く私はさらに強いRikako Ikeeを見せたいと思います」と彼女は付け加えました。
  • その他のニュースやビデオについては、cnn.com / exportをご覧ください。
  • Ikeeの6つの金メダルは、1回のアジア大会で女性アスリートが最も勝ち取ったものです。 彼女はまた、彼女のコレクションに追加するために2つの銀を獲得しました。
  • 1982年にニューデリーで7つの金メダルを獲得した北朝鮮のシューティングゲーム、So Gin Manは、1回のアジア大会でIkeeよりも多くのタイトルを獲得した唯一の選手です。

ディスカッション[編集]

リンク元[編集]

参考文献[編集]